クラフト講習会を開催しました

剪定したとき発生するツルや枝を使って、手作り工芸品(クラフト)を作る講習会が、

310日(土)野田コミセンで開催されました。講師は井坂さん(淀川区在住の区外会員)受講者は14名でした。

 当初、フジを剪定したときに発生するツルを使って、巣箱(写真)を作る予定だったそうですが、せっかく了徳院で採取したツルが、手違いで焼かれてしまい、急遽フクロウに変わりました。針に糸を通す作業があり、針に糸が通せず早々にギブアップした男性会員が出ましたが

布を形どおりに切る作業までおえ、あとは帰宅後に作品を完成しました。写真は完成品の例です。来年は剪定後のツルを保管し、クリスマスリースなど楽しい作品作りに挑戦しましょう。

 

なお講師の井坂さん(講習会風景の写真中央)は三国にお住まいですが、本会発足の当初から活動に参加されている熱心な会員です。当日は沢山の材料を持ってわざわざお越しいただきました。ありがとうございました。

藤のツルで作った巣箱
藤のツルで作った巣箱
講習会風景・講師は井坂会員
講習会風景・講師は井坂会員
当日の作品・ふくろう
当日の作品・ふくろう
講習会風景・針を通すのに苦戦した会員が多かった
講習会風景・針を通すのに苦戦した会員が多かった

コメント欄

コメントをどうぞ(初めてのユーザーは承認後に公開されます。)

メールアドレスは公開されません。