海老江東小学校の剪定

9月15日(水)

海老江東の福田町会長を始め、7名の地域の会員が集まり秋の剪定をしました。この藤は近くのナリス化粧品から寄贈された藤で学校で大切にそだてられています。今回の剪定はつるの誘引の準備が中心でした。夏から秋にかけて本来はつるがもっと生き生きと延びる時期にしては、成長が遅く散水不足であることが判りました。小学校の先生方は朝夕、自動散水器から水をまいているのですが、この暑さで水が根っ子の近くまで充分行き渡っていないようです。今後散水器に加えて近隣の会員が交代で水やりをすることを考えています。

コメント欄

コメントをどうぞ(初めてのユーザーは承認後に公開されます。)

メールアドレスは公開されません。