花を沢山咲かせるには

藤の花を毎年咲かせるには容易な事ではありません。長年手入れしていてもいっこうに咲かないフジが福島区内には多くあります。折角咲いてもある年は咲くが、その翌年は咲かない事もあります。毎年確実に咲かせるには、短花枝を多く作るような剪定をしてやる必要があります。

このためには、つるをバーコードのように、真っ直ぐ伸ばし、太陽の光がつるの全体に良く当たる様にし、栄養分をその枝に均等に蓄えさせるます。(写真①②)。そうすると徐々に短枝(写真③)がつるから出てきます。この短枝には翌年花がつくこともありますが、咲かないこともあります。しかしその翌年には短花枝(写真④)に成長し花芽が多くつき、その翌春には美しい花が咲くと考えられます。「のだふじの会」では熱心な会員が区内・区外の多くの藤を観察し、どうしたら咲くか色々研究しています。

①つるをバーコードの様に誘引する

②バーコードのように誘引する。
②バーコードのように誘引する。
③短枝
③短枝
④短花枝
④短花枝

④短花枝

コメント欄

コメントをどうぞ(初めてのユーザーは承認後に公開されます。)

メールアドレスは公開されません。