「第11回 藤まつり」が開催されました

2017年4月16日(日)、大開公園において福島区「大開町と松下幸之助に関する事業」委員会の
主催の元、「第11回 藤まつり」が開催されました。

本年は、開花シーズンが1週間ほど遅れており、あいにく藤棚の藤は咲き始めでしたが、
品評会に里帰りした鉢植えが、訪れた人々の目を楽しませていました。

藤まつりでは、毎年地域の方々へのだふじの里親の募集を行っており、
今年も二十鉢程度が新たな里親の元に貰われていきました。
里親の元で1年間育てられたのだふじは、また来年以降の藤まつりにおいて、
大開公園に里帰りし、品評会に出展されます。

ほとんどの鉢植えは、花芽の切り戻しを行った後、夏までたっぷりと水をやり、
日光に当てておくことで、来年も花を咲かせるとのことですが、それでも咲かない
鉢もあり、里親の皆さまにとっても毎年の開花シーズンはドキドキの瞬間です。

また、来年も見事に育ったのだふじが里帰りをしてくれることを、
地域一同楽しみにしております!

最後に、本イベントの開催にあたり多大なるご協力を賜りました三井住友銀行西野田支店の皆さま、
来賓の皆さま、地域の皆さまに厚く御礼申し上げます。

P.S)当イベントの様子は、「ベイコム地域ニュース」で4/18(火)~4/24(月)の間毎日4回ずつ放映される予定です。

コメント欄

コメントをどうぞ(初めてのユーザーは承認後に公開されます。)

メールアドレスは公開されません。