江成公園の剪定作業

繁りすぎの藤
繁りすぎの藤

 江成公園は区役所の真ん前で、北港通りに面しており大変目立つ場所にあります。ここには、大きな3つの藤棚がありますが、手入れが適切でないため殆ど咲きません。花が咲かないのでこれが藤棚であることを気づかずに通り過ぎる人も多いようです。

このたび森本さんの発案で、3年後には確実に花が咲くように、思い切って切ることにしました。

一つの藤棚に4本も植えられており、夏の剪定がほとんどされていないため、「のだふじの会」で剪定した藤の中で、もっとも繁りすぎの藤で剪定作業は8人がかりで3時間あまりかかりました。

山のようにツルが出ました。
山のようにツルが出ました。
大分すっきりしてきました。
大分すっきりしてきました。
コーヒーとシュークリームをごちそうになりました
コーヒーとシュークリームをごちそうになりました

森本さんの奥様がわざわざ暖かいコーヒーとシュークリームを沢山届けてくださいました。みんなで小休止をとっておいしくいただきました。

約3時間かけてできあがり!
約3時間かけてできあがり!

葉に日光が当たらないと花が咲きません。繁りすぎていると下の枝まで太陽光が届かないため、ほとんど花が咲かないと言っていいでしょう。先ずは繁りすぎの状態を解消するのが、福島区の藤の手入れの第一歩です。

吉野小学校児童のイベントがありました。
吉野小学校児童のイベントがありました。

江成公園では、「文化の日」ということで、吉野小学校の生徒がバザーを開催していました。今年は創立100周年記念で、小学校全体が盛り上がっている感じでした。

後片付けも忘れずに
後片付けも忘れずに

剪定であまりの沢山のツルや枝が出てきたため、袋が足りなくなり、途中で後藤さんが下福島公園まで袋を取りに走りました。